計測器メーカーのココリサーチ
〒164-0011 東京都中野区中央3-40-4 新中野ココリサーチビル
電話案内 03-3382-1021 メール 問い合わせ sales@cocores.co.jp English English 計測器メーカーのココリサーチ サイトマップ サイトマップ 計測器メーカーのココリサーチ 資料請求 資料請求
HOME 会社概要 製品情報 用途例 技術情報 サポート情報 採用情報 お問合わせ
製品情報
製品別
F/Vコンバータ
回転速度計/フローカウンタ
多チャンネル入力比較計
カウンタ/パネルメータ
周波数加速度計
V/Fコンバータ
トルク−アナログ変換器
回転検出センサ
流量計
粒体計量機
その他/オプション
用途別
速度・速度比
角度・位置・積算
流量計測
制御
加速度
粒体計量
トルク計測
Macromedia Flash Player
ダウンロードはこちら
Adobe Acrobat Reader
ダウンロードはこちら
HOME > 製品情報 > 検索結果一覧
検索結果 一覧 1〜10件 / 全27件  前ページに戻る
検索項目: 速度・速度比
ユニバーサル回転・速度計
詳細情報
型式   TDP-3621
●デジタル回転計では最速の1ms更新のBCD出力により、測定データをPLCに入力できます。
●プロトコルコンバータPC-1(別売)を使用することにより、三菱電機製PLC(Aシリーズ,Qシリーズ,FXシリーズ)に、プログラムレスで測定データを書き込めます。
●アナログ出力(0〜10V,0〜5V,1〜5V,4〜20mA)は内部設定により選択でき、16bitの分解能がありますので、高機能F/Vコンバータとしてもご利用いただけます。
ユニバーサル回転・速度計
詳細情報
型式   TDP-3921/3931
入力信号は単相のほか、A/B相パルスに対応。(可逆±表示可)。上下限コンパレータ2ch、ホールド機能およびデュアルレンジ機能を標準装備している充実機です。オプションとしてアナログ出力、BCDパラレル出力、RS-485通信機能を用意しています。
ユニバーサル回転・速度計
詳細情報
型式   TDP-3941
デジタルパネル型の回転速度計としては最高速の応答時間(13μs以下)のアナログ出力(16bitD/Aコンバータ)を標準装備しています。入力はNPNオープンコレクタ、ロジック信号、ゼロクロス信号をはじめ、ラインドライバにも対応しています。入力-出力-電源間のアイソレーション、ACフリー電源など、機能が充実しています。
ユニバーサル回転・速度指示計(生産中止品)
詳細情報
型式   TDP-33シリーズ(生産中止品)
0.0006Hz〜100kHzをフル5桁、オートレンジ(マニュアル可)とレイトマチック(表示自動換算)で表示します。他人に設定をイタズラされないマグネタッチ式。アナログ出力、コンパレータ出力も取り揃えています。
解析用F/Vコンバータ
詳細情報
型式   KAZ-Mighty
KAZ-723Aの上位機種。
2相信号(A/B相)入力が可能になりました。
測定範囲は0.23Hz〜250kHzと拡大し、計測分解能をKAZ-723より4倍(2.08ns)上げる事でさらに詳細な回転解析を行う事が可能となりました。
従来のF機能に加え、F AUTO(偏差自動追追従)機能を追加。
定常速度の速度ムラを計測する際、中心値を自動設定する事が可能となりました。
FFT解析を行う前処理に使用する事で感度を上げて小さい変動まで計測する事が可能です。
解析用2chF/Vコンバータ
詳細情報
型式   KAZ-Mighty2
周期計算を並列処理する事により、2ch同期の速度詳密比較が可能です。
2相信号(A/B相)入力が可能になりました。
測定範囲は0.23Hz〜250kHzと拡大し、計測分解能をKAZ-723より4倍(2.08ns)上げる事で、さらに詳密な回転解析を行う事が可能となりました。
従来のF機能に加え、F AUTO(偏差自動追従)機能を追加。
定常速度の速度ムラを計測する際、中心値を自動設定する事が可能となりました。
FFT解析を行う前処理に使用する事で感度を上げて小さい変動まで計測する事が可能です。
F/Vコンバータ
詳細情報
型式   KAZ-723A
回転解析やラインの検査、研究開発へ向けたF/VコンバータKAZ-723の姉妹品。
高速応答、偏差計測機能(Fモード)などの機能はそのままに、測定範囲は0.04Hz〜200kHzと拡大。キーロック機能やrpm表示を可能にし、さらに使い勝手に配慮しました。
F/Vコンバータ
詳細情報
型式   KAZ-723
回転解析やラインの検査、研究開発へ向けたF/Vコンバータとして、定評あるペリオマチック方式で、広範囲測定レンジで高速応答(5μs以下)・高級機種に肉迫した仕様での解析用をめざすほか、テンキーの採用・前設定値の記憶・積重ね型筐体など、とくに使い勝手に配慮し、解析用として開発したベーシックモデルです。付加機能として偏差計測機能(Fモード)を搭載し、任意の中心周波数に対しての周波数変動計測ができます。
回転解析用F/Vコンバータ
詳細情報
型式   HS-TAC-DC(標準仕様),
  HS-TAC-XDC(イーサネット付)
トルクフランジからのパルス信号を高速(5μs)でアナログ電圧に変換する2ch高速トルク-アナログ変換器です。 A/B二相信号の入力が可能で、速度計測用途(Hz/rpm)の高機能F/Vコンバータとしてもご使用頂けます。また、ΔF(偏差出力)機能、ΔFAUTO(偏差自動追従)が付いていますので、回転ムラの計測にも最適です
4ch F/Vコンバータ
詳細情報
型式   KAZ-7226
KAZ-7226は車載実験を考慮して設計された小型・軽量の4ch F/Vコンバータです。
測定にはペリオマチックTM方式を採用。速度変化や急停止への対応を目的とし、広範囲計測ができます。
<<前の10件  次の10件>>
HOME  PAGE TOP
All Rights Reserved, Copyright(C) 1996-2013, COCORESEARCH INC.